フェラ援

テレフォンセックス
 フェラ援を楽しんでいる、30歳の公務員です。
ネットの中には、いろいろな女の子がいるなと、毎回思ってしまいます。
図々しくも相場額以上のお金を求める癖に、そのテクニックが全くなかったり。
自分を美人だと勘違いして、大きなお金をふっかけてきたりとか、まあいろいろな出会いがあるわけです。
そんな中、見た目は地味なのにフェラのテクニックが天下一品の女の子がいました。

 あの子に出会ったのは、今年の初め頃のことでした。
出会い系の掲示板を見ていて、それらしきメッセージを発見。
そそくさとメールを送ってみたところ、瞬く間の返信が返ってきたのでした。
相手、26歳でフリーターをやっているという女の子。
Kちゃんは、5,000円でフェラ援したいと言ってきたのでした。
その時、給料前でしたから、懐事情がとっても厳しかったんです。
「御免、ちょっと金銭的に無理かも。2,000くらいなら出せるんだけど」
拒否されると思っていたのですが「それじゃ、2,000でいいんで待ち合わせしてください」と返事が来ました。

 顔写真を見せてもらったのですが、かなり地味。
ランク付けすれば中の下、ひどい醜い面じゃないものの、決してお世辞にも良い顔とは言えませんでした。
それでも破格の2,000円でフェラ援してもらえるのだから待ち合わせしました。

 フェラ場所は公園の公衆トイレです。
格安だし、相手も地味だし、期待する気持ちは少しもありませんでした。
ところが、いざしゃぶり始めた途端、とんでもない快楽がチンコから脳へ伝わってきたのです。
フェラしている彼女を、まじまじと見つめてしまいました。
なんだこのとろけるテクニックは。
信じられないぞ!
体がわなわなと震えるほどの、超強力な快楽を得られるフェラ!
生まれて初めてでした。
あまりの快楽&欲求不満のために、めっちゃ早い射精でした。

 相手地味なのに、究極的に気持ちが良くて、別れ際に思わず「後日待ち合わせできない?」なんて聞いちゃったりして。
「今度は5,000円くれますか?」
「分かった、頼むよ」
次の約束まで決めてしまった瞬間でした。
神待ち掲示板
パパ活サイト